若狭食堂 かみなか亭 ロゴ

御食国若狭と鯖街道 日本遺産 第1号に認定

27年度における日本遺産 第1号に若狭の地小浜と小浜から京都を結ぶと鯖街道が に認定されました。

若狭は古代から(御食国)として、塩や海産物など豊富な食材を都へ運び、都の食文化を支えてきた地である。また、大陸からつながる海の道と都へとつながる道が結節する最大の拠点となった地であり、古代から続く従来の歴史の中で、街道沿いには港、城下町、宿場町が栄え、また、従来によりもたらされた祭礼、芸能、仏教文化が街道沿いから農漁村にまで広く伝播し、独自の発展を遂げた。

近年「鯖街道」と呼ばれるこの街道群沿いには、往時のにぎわいを伝える街並みとともに、豊かな自然や、受け継がれてきた食や祭礼など様々な文化が今も息づいています。

周辺観光地01

若狭食堂 かみなか亭 ページの先頭へ